家飲みビールとウイスキーを紹介

麦伝説

ビール

ホップ フィクション 柑橘の酸っぱさを感じながらホップの苦味を楽しむアメリカンエール。

投稿日:2019年3月3日 更新日:

hop-fiction

2018年の年末に買いだめしたブリュードッグ 2本目はホップ フィクションと呼ばれるアメリカン ペールエールです。

アメリカのホップを使ったビールが世の中で流行していますが、日本でアメリカタイプのホップを栽培するのは難しいんですかね。

ホップさえあれば、日本でも爆発的にアメリカンタイプのエールが流行る気がします。とくに日本のジメッとした夏にはフルーティーでホップの苦味を全力で感じるビールが流行ると思っています。

やっぱ自分でビールを造るしかないなー。

2019年こそは何かしらアクションを起こしたいと思っています。ブリュードッグへビール造りを委託できるようになったら面白いですね。

ホップ フィクション(Hop Fiction)

hop-fiction2

黄緑色の缶ですが、フルーツとホップを意識した色でしょうか。ブリュードッグであるというロゴと缶デザインなので色がマーケティングで重要ですが、この緑はなんだかイマイチ・・

ほんのり濁りがある黄金色のボディに粗目の泡が立ち上がります。

香り

グレープフルーツのような柑橘系の香りが広がります。

いいですね。柑橘系の味わいを感じながら、あとから追いかけてくるホップの苦味。よくありがちなエールと言われれば、そのとおりですがマイルドで誰もが飲みやすいのが特徴だと思います。ブリュードッグほどの規模のビール会社になると、そこまで尖ったビールは造れなそうです。

*ホップ フィクション以外のエール

ベルヘイブン「スコティッシュ・エール」典型的な苦味深いイギリスビール

私が愛してやまない濃厚スタウト。 完璧なスタウトはアイルランドのギネスとマーフィーズ、スコットランドのベルヘイブンの3本のビールだと思っています。 参考私の心を揺さぶる世界でベスト3となるスタウトビー ...

価格

酒屋やインターネット販売で350ミリの缶が400円ほど。

さいごに

誰もが飲みやすいビールを造ることも重要な要素ですね。ただクラフトのおもしろさを殺してまで利益を求めるはどうかと思います。いろいろな商品名で似たような商品を販売するのは日本の大手と同じだなー。

飲みやすいアメリカンエール。

麦伝説 ビール ランキング

麦伝説で人気No1のビール「ストーンIPA」

アメリカでクラフトビール業界のカリスマブリュワリーであるストーンの看板商品「ストーンIPA」。ストーンのIPAを飲むと絶対にあなたもIPAの虜になるはずです。ホップの苦味とフルーティーな旨味がミックスされて、絶対にお気に入りになるビールです。


麦伝説で人気No2のビール「ギネス」

1759年にアイルランドで誕生して、世界150カ国以上で楽しまれています。ローストした大麦が甘みと苦みの絶妙なバランスを生み出します。口あたりはクリーミィでグラスに注いだ時に生まれるキメ細かな泡が、さらにクリーミィな美味しさにしてくれます。世界最強のスタウトです。


麦伝説で人気No3のビール「アメリカン・ドリーム」

ミッケラー。世界最高級なビールを提供し続けているビール会社であることは間違いありません!その中でも「アメリカン・ドリーム」は極上ピルスナーに、アメリカンホップを大量投入した、まさにビールファンに最高な1本です。まじ、最高です!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

mugidensetsu

これまで飲んだ世界のビール700本とウイスキー100本をブログで紹介しています。(2018年11月時点)自分のビールブランドを作る準備中。

-ビール
-,

Copyright© 麦伝説 , 2019 All Rights Reserved.