家飲みビールとウイスキーを紹介

麦伝説

ビール

ロンポックIPA さすがポートランドから生まれたIPA。

2020年3月3日

lompoc-ipa

麦伝説(当ブログ)に初登場の醸造所ロンポック。アメリカのオレゴン州ポートランドにあります。

1996年創業で、7種類の定番ラインナップと数多くの季節限定ビールを造っています。季節限定ビールまで追うとなると、ポートランドに移住が必要です。

アメリカのクラフトビールを飲む前からポートランドの街に縁があると勝手に思っていました。学生の頃によくみたNBA、そしてファンとして応援していたのが、ポートランドのチームでした。

あくまでテレビ観戦でしたがポートランドには思い入れがあります。いつの日か行く場所なんでしょうねー

さて今回はロンポックのIPAを買ってみました。もう飲むまでもなく、アメリカ西海岸のIPAといえば流行りのヘイジー系でしょう。

ビールの聖地のポートランド産なので、美味しいはず。

参考ロンポックの公式サイトはこちらです(外部サイト・英語版のみ)

エンター ザ ダンク IPA(ENTER THE DANK IPA)

lompoc-ipa2

黄色の缶が目立ちますね。レモンビール系なのかと思うほど、鮮やかな黄色の缶です。

少し濃い目の黄金色のボディに粗目の泡が立ち上がります。

香り

トロピカルフルーツ、シトラスと混じり合った、かなりフルーティーな香りが広がります。

グラスに注いだ感じが普通だったのですが、香りから感じるフルーティーさが、そのまま口あたりに繋がります。その後から追いかけてくる苦味、やはりポートランドのIPAです。もうアメリカでは定番のIPAでしょうが、奥が深い味わいを楽しめる1本です。

*ロンボック以外のIPA

スモッグ シティIPA 苦味とフルーティーの最高のコラボ。

麦伝説(当ブログ)に初登場の醸造所です。アメリカ カリフォルニア州トーランスのブルワリーであるスモッグ・シティ。 夫婦で運営しているビール会社で、サワーやバーボン樽熟成ビール、伝統的なクラシックスタイ ...

価格

酒屋の信濃屋で350ミリの缶が600円ほど。

さいごに

さすがポートランドのIPAでした。美味しいIPAを飲むとテンションがあがりますが、そろそろ同じような味わいに飽きも来ています。日本の寒い冬の間は黒系のビールを飲むとか、アクセントを加えないといけませんね。

文句ないIPA

死ぬまでに飲みたいビール1001本 (単行本(SSC))

死ぬまでに飲みたいビール1001本 (単行本(SSC))

5,500円(10/22 16:44時点)
発売日: 2014/09/20
Amazonの情報を掲載しています
麦伝説 ビール ランキング

麦伝説で人気No1のビール「ストーンIPA」

アメリカでクラフトビール業界のカリスマブリュワリーであるストーンの看板商品「ストーンIPA」。ストーンのIPAを飲むと絶対にあなたもIPAの虜になるはずです。ホップの苦味とフルーティーな旨味がミックスされて、絶対にお気に入りになるビールです。


麦伝説で人気No2のビール「ギネス」

1759年にアイルランドで誕生して、世界150カ国以上で楽しまれています。ローストした大麦が甘みと苦みの絶妙なバランスを生み出します。口あたりはクリーミィでグラスに注いだ時に生まれるキメ細かな泡が、さらにクリーミィな美味しさにしてくれます。世界最強のスタウトです。


麦伝説で人気No3のビール「アメリカン・ドリーム」

ミッケラー。世界最高級なビールを提供し続けているビール会社であることは間違いありません!その中でも「アメリカン・ドリーム」は極上ピルスナーに、アメリカンホップを大量投入した、まさにビールファンに最高な1本です。まじ、最高です!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

mugidensetsu

これまで家で飲んだ世界のビール950本とウイスキー160本をブログで紹介しています。(2020年5月時点)自分のビールブランドを作る準備中。

-ビール
-,

Copyright© 麦伝説 , 2020 All Rights Reserved.