家飲みビールとウイスキーを紹介

麦伝説

ビール ランキング

シンガポールで飲めるビール一覧。東南アジアで1番ビールが飲める国です。

2019年8月8日

IMG 20190528 191512

2019年5月にシンガポールに3週間滞在をしました。

約4年間、東南アジアのタイに海外移住をしていたので、アジアのビールは飲み干したかなーと思っています。

今回はシンガポールで飲めるビールをまとめました。

シンガポールで飲めるビールたち

シンガポールで見つけたビールは非常に多種多様。

まず日本のドン・キホーテがあったり、海外企業も多数シンガポールへ進出しているので、世界のビールが集まっている感じです。

日本ほど世界のビールが飲める国はないと思っていますが、東南アジア市場でこれだけの種類のビールが飲める場所はシンガポールだけではないでしょうか。

東南アジア定番から輸入ビールまで本当に多種多様です。

それではシンガポールで飲めるビールを見てみましょう。

タイガービール(Tiger beer)

tigerbeer

やはりシンガポールといえばタイガービールですよね。コンビニでもスーパーでも、レストランでも、どこでも飲めるビールはタイガーでした。

とうぜんラドラーやホワイト、そしてブラックのタイガービールも販売されています。まータイガー王国ですよね。

今回は飲むことができなかったのですが、ラドラーはレモンだけではなく、ストロベリーなんて味の見たことがないビールもありました。

ABCエクストラスタウト(ABC Extra Stout)

Abc extra stout

1931年より造られているシンガポールの黒ビール ABCエクストラスタウトです。

今では親会社がタイガーであり、ハイネケンになっています。東南アジア市場ではけっこう造られているビールで、カンボジアやミャンマーでも販売されているようです。

東南アジアならではの薄味の黒です。

ハイネケン(Heineken)

heineken

世界のハイネケンです。

もう世界どこに行っても飲むことができるビールなので、説明の必要がありませんね。

シンガポールではタイガーとハイネケンが主流ビールだと思います。

カールスバーグ(Carlsberg )

carlsberg

デンマークが本社であるカールスバーグはマレーシアにも醸造所を持っています。

シンガポールの隣の国で製造されていることもあるのか、タイガー、ハイネケンに次ぐ主力ビールとして飲まれていました。

またインド系の人はアルコールの刺激が好きなのか、絶対にストロングタイプのアルコール度数が高いビールを選んでいました。普通のほうが美味しいと思うんだけどなー

ギネス フォーリン エキストラ(Guinness Foreign Extra)

guinness-foreign-extra

私が愛するギネスです。

シンガポールにもアイリッシュパブがいくつかあり、ドラフトでのギネスを飲むことができます。ただ日本でよく見る缶タイプのギネスがなく、フォーリン エキストラしか売っていません。

少しポーターに近いフォーリン エキストラですが、外で飲めばクリーミーな泡を施したギネスも楽しめます。

ロイヤル スタウト(Royal Stout)

royal stout

マレーシアと同じですが、ギネスの他にもロイヤル・スタウトと呼ばれる黒ビールが販売されていました。

カールスバーグが造っているスタウトです。カールスバーグの工場がマレーシアにあるので、マレーシアから渡ってきているのでしょう。

ローストされた麦の味が苦く、黒ビールが苦手な人は敬遠したほうがいいでしょう。逆に黒ビールが好きな人には苦味を楽しみながら飲める黒ビールだと思います。

暑いシンガポールで飲むのであれば、エアコンが効いた室内でじっくりと時間をかけて飲むのがお薦め。

スコウ(Skol)

skol

スコウ。カールスバーグ社がブラジルで造ったビールです。ブラジルのビール市場ではスコウ人気が高いようですね。

やはりマレーシアの工場で造られているのか、スーパーやコンビニではよく見るビールでした。他のビールが多数販売されているなかで、スコウを選ぶのはビールマニア?

もしくはブラジルからの旅行者?

アンカー(Anchor)

anchor smooth

マレーシアのビールブランドとして販売されているアンカー

隣国のマレーシアのビール、まじでたくさん種類がありますね。マレーシアはイスラム圏なので、ビールの消費量が少ないはず。

シンガポールに輸出して、企業利益を得ているんでしょうかね。

クローネンブルグ ブラン(Kronenbourg Blanc)

kronenbourg blanc

フランスを代表するビールであるクローネンブルグ

たまに日本でも見かけるビールですが、フランスのビールを飲む機会はあまりないので、旅行中に選択肢のひとつとして選ぶのはありですね。

ホワイトビール、ピルスナーと2種類販売されていました。まだホワイトしか飲んだことしかありませんが、ピルスナーも美味しそうです。

キルケニー(Kilkenny)

Lilkenny

まさかアイルランドの思い出のビールをシンガポールで飲むとは・・・

アイルランドといえば漆黒のギネスが有名ですが、アイルランドの場所によっては好まれて飲まれていたのがキルケニーでした。

ギネスと同じく超クリーミーな泡が完成するビールです。意外とシンガポールで飲んだビールで美味しく飲めたのはキルケニーかも。

ブレダ(Breda)

Breda

オランダのラガービールであるブレダ

日本では販売がされていないようですが、シンガポールでもレアビールだと思います。たまたま行った屋台が並ぶ場所で買ったビールです。

スーパーとかでも売っているのかな?3週間ほどの滞在だったシンガポールでも1回だけしか見ませんでした。

キングフィッシャー(Kingfisher)

Kingfisher

シンガポールの国民の中にはインド系の方もいるので、インドビールもスーパーで普通に販売されています。

キングフィッシャー

インドを代表するビールですね。やはり購入している人もインド系が多かったです。また買っている人の多くがアルコールが強いストロングタイプを飲んでいました。

インド本国でもストロングタイプを飲んでいる人が多かったけど、アルコールが強いタイプが好みなんでしょうか?ストロングはアルコール臭さがあるので、普通のビールのほうが私は好みですが、、謎です。

中国(China)

china

国での絞りになります。

シンガポールには中華系の人もいます。そして驚くことに絶対に中国国内でしか見ないと思っていた雪花が、シンガポールのスーパーで販売されていました。

中国へ旅行することがなければ二度と会うことはないビールと思っていましたので、驚きました。

さすが中国国内での生産量がNO1のビールです。

タイ(Thai)

thai

国での絞り、タイです。

タイのビールといえばシンハーチャンでしょうか。シンガポールから見れば近隣国のひとつでしょう。

シンハーもチャンも両方ともに販売されていました。日本ではシンハーはよくみますが、チャンはあまり見ないですね。シンガポールでタイビールを飲むのであればチャンでしょうか。

ドイツ(Germany)

germany

シンガポールのスーパーで探せばたくさんありそうなビールがドイツビールでした。

私が見たドイツビールはエルティンガーだけでしたが、ベックスなんかはベトナムでもマレーシアでも見たので、シンガポールにもありそうです。

ドイツビールは日本もいろいろな種類を仕入れているので、珍しさはないですねー

ジャパン(Japan)

japan

日本・・シンガポールまで来て日本のビールを飲むことはないかもしれませんが、大手ビールメーカーは飲める感じです。キリン、アサヒ、サッポロは海外でも定番のビールですね。

特にサッポロは海外の工場で造られたビールを東南アジアの各国に輸出をして飲めるようにしています。

サントリーは海外でビールは造らないんですかね?プレモルは海外でも受け入れられると思いますが、見たことないかもしれません。

ジョリー シャンディー(Jolly Shandy)

Jolly shandy

カールスバーグが販売しているビアカクテル、ジョリー シャンディーです。

昭和50年代には日本でも販売されていたビールのようですが、日本では見たことがないですね。日本に持ち帰ったら懐かしいと思う人もいるのかもしれません。

ジュースのように飲むことができるビールをレモンスカッシュで割ったカクテルです。

さいごに

IMG 20190528 192127

ラッフルズのロングテーブルと呼ばれるバーの写真です。

やはりタイガーとハイネケンが主力になっていますね。ここのバーはシンガポール・スリングと呼ばれるカクテル発祥地になっているので、ビールではなくカクテルを飲む場所になっています。

間違いなく世界のビールが集まる場所になっているので、いろいろなビールを飲むことができます。

シンガポールのビールは少ないですが・・

死ぬまでに飲みたいビール1001本 (単行本(SSC))

死ぬまでに飲みたいビール1001本 (単行本(SSC))

渡辺 純, こゆるぎ 次郎
5,400円(09/17 15:26時点)
発売日: 2014/09/20
Amazonの情報を掲載しています
麦伝説 ビール ランキング

麦伝説で人気No1のビール「ストーンIPA」

アメリカでクラフトビール業界のカリスマブリュワリーであるストーンの看板商品「ストーンIPA」。ストーンのIPAを飲むと絶対にあなたもIPAの虜になるはずです。ホップの苦味とフルーティーな旨味がミックスされて、絶対にお気に入りになるビールです。


麦伝説で人気No2のビール「ギネス」

1759年にアイルランドで誕生して、世界150カ国以上で楽しまれています。ローストした大麦が甘みと苦みの絶妙なバランスを生み出します。口あたりはクリーミィでグラスに注いだ時に生まれるキメ細かな泡が、さらにクリーミィな美味しさにしてくれます。世界最強のスタウトです。


麦伝説で人気No3のビール「アメリカン・ドリーム」

ミッケラー。世界最高級なビールを提供し続けているビール会社であることは間違いありません!その中でも「アメリカン・ドリーム」は極上ピルスナーに、アメリカンホップを大量投入した、まさにビールファンに最高な1本です。まじ、最高です!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-ビール, ランキング
-,

Copyright© 麦伝説 , 2019 All Rights Reserved.